Q&A従業員・役員からの暴力団排除――企業内暴排のすすめ

Q&A従業員・役員からの暴力団排除――企業内暴排のすすめ

関秀忠=柊木野一紀=髙木薫=土田勇=鈴木哲広 著

A5判並製/232頁

ISBN:978-4-7857-2450-4

定価:3,024円 (本体2,800円+税)

発売日:2016/09

詳細
採用後に、企業内の役員や従業員らが暴力団員や暴力団関係者であることが判明した場合には、企業から速やかに排除することが求められる。この「企業内暴排」について、法的にどのように整理されるか、実務上どのような対応を行うべきなのかについて、理論面と実務面の両面から精緻に検討・整理したうえで、企業実務担当者に対して、企業の制度設計や態勢整備のポイントをわかりやすく解説。

〈主要目次〉
第1章 従業員暴排とは
    COLUMN 犯罪収益移転防止法改正と従業員暴排
    COLUMN 「反社会的勢力」にカルト集団や極左暴力集団は含まれるか?
    COLUMN 「体制」と「態勢」の違い
第2章 入口段階での暴力団排除
    COLUMN 親族関係から取引関係を作る業種における親族調査の可否
    COLUMN 暴力団離脱者の就労支援
第3章 入社後の従業員暴排
    COLUMN 従業員の解雇権濫用法理との関係
第4章 出口段階での暴力団排除
第5章 役員暴排
第6章 対外的な対応

書 式
 1 採用内定通知書
 2-1 誓約書(従業員、簡易版)
 2-2 誓約書(従業員、詳細版)
 3 誓約書(取締役)
 4 就業規則への暴力団排除条項等の導入例
 5 内部通報規程への導入例
 6 労働者派遣基本契約書への暴力団排除条項等の導入例
 7 警察に対する属性照会のための情報提供依頼書(役員・従業員用)
 8 企業内暴排チェックリスト

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら