別冊商事法務No.381 株主提案の議案ごとの分析と問題点―平成23年7月から平成25年6月までの事例

別冊商事法務No.381 株主提案の議案ごとの分析と問題点―平成23年7月から平成25年6月までの事例

松山 遥・西本 強 編著

B5判並/448頁

ISBN:978-4-7857-5215-6

定価:5,720円 (本体5,200円+税)

発売日:2013/12

詳細
上場会社の株主提案権は毎年数十社で行使されているが、最近では大株主や機関投資家などから行使されるようになり、その内容も剰余金配当、役員の選任・解任、役員の報酬など多岐にわたり、企業の対応としては、提案内容や賛否の見込みを検討し、慎重に対処していくことが重要となってきている。そこで、本書では、過去2年間の株主提案権行使事例を題材に、議案ごとに分析し、対応策を検討。株主総会担当者にとっての必携書。


〈主要目次〉

第1 はじめに 
 ◯平成23年7月~平成24年6月総会 株主提案権行使事例 
 ◯平成24年7月~平成25年6月総会 株主提案権行使事例 
第2 株主提案に係る議案分析 
 1 株主還元・自己株式に関連する株主提案 
 2 定款変更 
 3 会社役員の選任・解任 
 4 役員報酬に関する議案 
 5 株主提案の取下げ 
第3 適時開示 
 1 株主提案に関する適時開示の状況と分類 
 2 株主提案に関する適時開示の実例─委任状争奪戦が行われた事例を念頭に 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら