別冊商事法務№423 機関投資家の議決権行使方針及び結果の分析

別冊商事法務№423 機関投資家の議決権行使方針及び結果の分析

森・濱田松本法律事務所 編

B5判並製/460頁

ISBN:978-4-7857-5257-6

定価:5,292円 (本体4,900円+税)

発売日:2017/07

詳細
わが国のスチュワードシップ・コードを受入表明をした全機関投資家の、国内上場株式に対する議決権行使基準と議決権行使結果を、議案類型毎に、収録、集計、及び分析。分析部分は、資料版商事法務397(2017年4月)号掲載の「機関投資家の動向を見据えた総会対策」に、議案類型等を増やし、また、より全体傾向が把握しやすいように例外値を除外した平均値も算出するなどして加筆。

〈主要目次〉
第1 全体の概要
 1 調査方法
 2 全体の傾向
 3 議決権行使基準の一般的傾向・特徴
第2 剰余金の処分
第3 新株発行
第4 自己株式取得
第5 取締役選任
第6 監査役選任
第7 会計監査人選任
第8 役員報酬関連
第9 定款変更
第10 組織再編・再構築
第11 買収防衛策
第12 株主提案
■巻末資料■ 各機関投資家の議決権行使基準及び行使結果のリンク

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら