権利保護保険のすべて

権利保護保険のすべて

LAC研究会 編

A5判並製/290頁

ISBN:978-4-7857-2578-5

定価:2,808円 (本体2,600円+税)

発売日:2017/12

詳細
日弁連が取り組む司法アクセス改革の中で、実現性が高く、最も注目される施策となっているのが、権利保護保険(弁護士費用保険)の拡充。これまで交通事故の特約保険として普及してきたが、最近では離婚、遺産分割、労働等の一般民事紛争にも適用がはじまっている。この権利保護保険について、制度内容、今日の課題、将来の課題等を詳細に論述した日本で最初のバイブル的な書籍。弁護士や研究者のみならず、保険会社の関係者にとって待望の一冊。

〈主要目次〉
第1章 わが国における「権利保護保険」研究の歩み
第2章 わが国の「権利保護保険」の理論的検討と克服すべき課題
第3章 権利保護保険普及や課題克服のために行うべきさまざまな方策と具体的な施策
第4章 主要弁護士会の具体的取組み
第5章 事例研究
■ケース1 商品解説『弁護のちから』――約款解説を中心に
■ケース2 商品解説『弁護士費用保険 Mikata』――約款解説を中心に

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら