市民社会と〈私〉と法Ⅱ

市民社会と〈私〉と法Ⅱ

大村敦志 著

A5判並/179頁

ISBN:978-4-7857-1741-4

定価:2,160円 (本体2,000円+税)

発売日:2010/03

詳細
高校生の日常生活を題材に、考える素材を提供し、さらに社会における基本ルールを提示する。法教育のための新しい民法教材、待望の第2巻。


〈主要目次〉

第3章 私と私[ひととひと]がかかわる―売買+雇用・契約一般
<ケース編・その1> 私[わたし]のほしいもの
 Ⅰ できごと――はじめてのおつかい
  1 隣のナナちゃんが…
  2 おばさんに頼まれて
  3  ナナちゃん,がんばって!
 Ⅱ どうする―買物のルール
  1 思い出してみよう
   (1) おままごと (2) お金を払っていろいろな物を (3) ほんとに買えるの?
  2 調べてみよう
   (1) 物々交換 (2) 貨幣の通用 (3) 市場の発生
<ケース編・その2> 私[わたし]にできること
 Ⅰ できごと――コンビニでバイト
  1 店頭の貼り紙
  2 履歴書をもって…
  3 シフト,替わってくれる?
  4 お客さんにしかられる
 Ⅱ どうする―バイトのルール
  1 考えてみよう
   (1) 店員は店長のいいなり? (2) 店員はお店の一部?
  2 尋ねてみよう
   (1) 社員・派遣・パート・バイト (2) 何が違うの?
  3 調べてみよう
   (1) 女工哀史 (2) アルバイトの始まりは
<ルール編・その1> 売買とは何か・雇用とは何か
 Ⅰ 契約の成立
  1 売買の場合
   (1) 対象:何をいくらで (2) 主体:誰から誰に (3) 特性:在庫僅少
  2 雇用の場合
   (1) 主体:誰が誰を (2) 内容:どこで何を (3) 期間:いつからいつまで
 Ⅱ 契約の効力
  1 売買の場合
   (1) 目的物:あれがほしい (2) 代金:お金を払う (3) 責任:欠陥品はどうなる?
  2 雇用の場合
   (1) 賃金:お金をもらう (2) 労働:仕事をする (3) 解雇:君はクビだ!
<ルール編・その2> 契約は当事者をつなぐ・契約は社会をささえる
 Ⅰ 個人にとっての契約
  1 約束をするということ
   (1) 約束とは? (2) 当事者をしばる:未来の確実性 (3) 規範を立てる:規律の自主性
  2  約束をしたといえるには
   (1) 見かけだけの約束 (2) 自由に熟慮する:意思の完全性 (3) 社会秩序に適合する:内容の適法性
 Ⅱ 共同体にとっての契約
  1 経済にとっての契約
   (1) 取引を媒介する (2) アイディアを形にする
  2 社会にとっての契約
   (1) 契約をささえる社会 (2) 契約としての社会

第4章 私と私[ひととひと]がつきあう-団体+共同所有・無償行為・事務管理
<ケース編・その1> 私と私[ひととひと]があつまる
 Ⅰ できごと-サークルを創る
  1 映画の好きな2人
  2 三人目が現れて…
  3 サークルを創るには…
  4 シネマクラブGET誕生!
 Ⅱ どうする―人はなぜ集まるのか?
  1 尋ねてみよう
   (1) あなたの所属団体は? (2) 「団体職員」? (3) 加入の理由
  2 調べてみよう
   (1) 営利と非営利 (2) クラブの起源 (3)「NPO元年」
<ケース編・その2> 私と私[ひととひと]がおもいやる
 Ⅰ できごと-募金に応ずる
  1 いろいろな募金
  2 なんで寄付するの?
  3 募金をしようか
 Ⅱ どうする―タダで? 知らない人に?
  1 考えてみよう
   (1) タダとはどういうことか (2) 好意と互酬 (3) 共感と支援
  2 調べてみよう
   (1) 寄付の力 (2) 宗教から世俗へ (3) お金以外も
<ルール編・その1> 団体の領分・好意の領分
 Ⅰ 契約と団体
  1 団体の継続性
   (1) 拘束と安定 (2) 流動と固定
  2 団体の独立性
   (1) 法人とは何か (2) 法人でない団体
 Ⅱ 利益と好意
  1 好意の多様性
   (1) 無償の意味 (2) 様々な動機 (3) 依頼の有無
  2 好意の脆弱性
  (1) 無償行為の法的効力 (2) 無償行為の社会的意義
<ルール編・その2> 〈社交体〉としての人間
 Ⅰ 個人にとっての非営利団体・非営利活動
  1 行政でも,家族でも市場でもなく
   (1) 安全安心のために (2) 自己実現のために
  2 財産のつながり・人間のつながり
   (1) 共有 (2) 組合 (3) 非営利法人 (4) 区分所有
 Ⅱ 共同体にとっての非営利団体・非営利活動
  1 社会にとっての非団体団体
   (1) 民主主義の学校 (2) 行政・企業の補完
  2 社会にとっての非営利活動
   (1) 多様な価値を発見する (2) 社会の底を厚くする
 Ⅲ 「つきあい」から「つながり」へ

結 章 市民社会[わたしたちのつながり]の基本法-民法とは何か②
 Ⅰ 市民社会の法としての民法-「私をささえ・ひらく法」ふりかえる
  1 資本主義経済の法から市民社会の法へ
  2 市民社会構成原理
   (1) 個人尊重 (2) 社会の構成
 Ⅱ 基本法としての民法
  1 一般法から基本法へ
  2 民法の位置づけ
   (1) 伝統的な法領域との関係 (2) 現代的な法領域との関係
付録Ⅱ 考えるヒント・その2 ルールを設定する――団体規約の場合
付録Ⅲ 私をささえ・ひらく法――41ヶ条
<事項索引>

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら