市民社会と〈私〉と法Ⅰ

市民社会と〈私〉と法Ⅰ

大村敦志 著

A5判並/193頁

ISBN:978-4-7857-1544-1

定価:1,620円 (本体1,500円+税)

発売日:2008/05

詳細
高校生の日常生活を題材に、考える素材を提供し、さらに社会における基本ルールを提示する。法教育のための新しい民法教材。

序章 日常生活[わたしのくらし]と法 ――民法とは何か①
Ⅰ 「日常生活の法」としての民法
1 民法って何?
2 日常生活の成り立ち
  (1)時間と空間から (2)人・物・お金から
3 日常生活と民法のかかわり
  (1)民法の組み立てから (2)民法の生い立ちから
Ⅱ 「日常生活の法」から「私をささえ・ひらく法」
1 私[じぶん]にとっての日常生活
(1)私[じぶん]の生命=生活 (2)私[じぶん]の人生
2 私[じぶん]から見た民法
(1)私[じぶん]をささえる法 (2)私[じぶん]をひらく法
第1章 私[じぶん]をまもる ――不法行為+人格権・所有権
 <ケース編・その1>私[じぶん]であること
Ⅰ できごと ――ある日突然……
1 交通事故にあって
2 目がさめたら
3 ひそひそ話がはじまる
Ⅱ どうする ――私はだれ?
1 考えてみよう
  (1)私は私 (2)私の身体 (3)私の秘密
2 調べてみよう
  (1)市役所へ (2)保険会社へ (3)プロバイダへ
 <ケース編・その2>私[じぶん]のもつもの
Ⅰ できごと ――駅前の駐輪場に
1 置いたはずの自転車が
2 その自転車は誰の?
3 私の自転車
Ⅱ どうする ――見つかった自転車は?
1 探してみよう
 (1)駐輪場へ (2)警察へ (3)自転車収容センターへ (4)リサイクルショップへ
2 話してみよう
 (1)君の自転車だって? (2)知らなかったんだ (3)どうしよう、この自転車……
 <ルール編・その1>自分に対する権利・所有物に対する権利
Ⅰ 法の世界での人間・その1 ――所有権を持つということ
1 人とは?
 (1)人は誰も所有の対象とはならない (2)人は誰でも所有の主体となる
2 所有権とは?
 (1)所有権の行使は干渉されない (2)所有権は侵害から救済される
3 法=権利とは?
 (1)相互規定性 (2)共進化性
Ⅱ 法の世界での人間・その2 ――人格権を持つということ
1 財産権から人格権へ
 (1)身体・自由・名誉 (2)プライヴァシーとアイデンティティ
2 人格権から財産権へ
 (1)人格権の延長としての財産権 (2)私権と基本的人権
 <ルール編・その2>他人の権利を侵害しない、社会の利益に配慮する
Ⅰ 自由の限界を画する
1 権利の侵害
 (1)どのような侵害か? (2)どこまでが保護されるか?
2 権利の濫用
 (1)なぜ濫用か? (2)何が濫用か?
Ⅱ 自由の限界を拡げる
1 権利の拡張
 (1)どこまでが許容されるか? (2)なぜ禁止されるか?
2 権利の淵源
 (1)私権と公共の福祉 (2)法と個人の尊厳・平等
第2章 私[じぶん]をはぐくむ ――親子+行為能力・家族一般
 <ケース編・その1>私[じぶん]でできること
Ⅰ できごと ――学校の帰りに
1 いらっしゃいませ
2 私もここで……
3 両親や先生は?
Ⅱ どうする ――できること・できないこと
1 思い出してみよう
 (1)お使いは? (2)お年玉は? (3)電車は?
2 調べてみよう
 (1)ケータイの契約書 (2)学校の校則 (3)法律の規制
 <ケース編・その2>私[じぶん]をつくること
Ⅰ できごと ――父子で口論?
1 いてっ! 殴るなよ
2 「児童虐待相談1万件を超える」
3 ネグレクトって何?
Ⅱ どうする ――
1 考えてみよう
 (1)しつけと虐待 (2)リストラされた (3)離婚と子ども
2 調べてみよう
 (1)児童相談所 (2)里親・養親・継親 (3)親の責任
 <ルール編・その1>親子であるには・親子であるなら
Ⅰ 親子であるなら? ――親子関係の効果
1 子どもが成年になるまで
 (1)養育 (2)財産管理 (3)親権者
2 子どもが成年になってから
 (1)通常の場合 (2)精神障害のある場合
Ⅱ 親子であるには? ――親子関係の成立
1 血縁にもとづく親子
 (1)生物学的な親子関係 (2)法的な実親子関係
2 血縁にもとづかない親子
 (1)社会的な親子関係 (2)法的な養親子関係
Ⅲ 親子の縁は切れるか? ――親子関係の終了
 <ルール編・その2>助けあい協力しあう人々
Ⅰ 家族とは何か
Ⅱ 小さな家族 ――夫婦
1 夫婦になると? ――婚姻の効果
 (1)夫婦でいるあいだは (2)夫婦でなくなると
2 夫婦になるには? ――婚姻の成立
 (1)結婚するには (2)結婚するかしないか
Ⅲ 大きな家族 ――親族
1 広い親族
 (1)親類縁者の出番 (2)親類縁者の範囲
2 狭い親族
 (1)直系血族・兄弟姉妹 (2)同居の親族
Ⅳ その先に……
付録Ⅰ 考えるヒント・その1 ルールを適用する――交通事故の場合
<事項索引>

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら