法と実務 Vol.14

法と実務 Vol.14

日弁連法務研究財団 編

A5判並製/312頁

ISBN:978-4-7857-2634-8

定価:3,672円 (本体3,400円+税)

発売日:2018/05

詳細
法律相談における通訳、ADR制度の現状と課題を分析し将来を展望する。

公益財団法人日弁連法務研究財団の「法と実務」Vol.14。今号を構成するのは、一つは、弁護士と研究者が共同して、外国人相談の現状を分析し、相談通訳資格認定制度を具体的に構想する報告書。もう一つは、ADR調査研究会が実施したADR利用者調査及びADRに関連する3つのインタ-ネット調査の結果を分析した報告書。

〈主要目次〉

外国人法律相談における通訳人の認定制度に関する研究報告書〔追記版〕
 はじめに──本研究実施に至った背景事情
 第Ⅰ部 相談通訳の専門性と必要性
  第 1章 相談通訳の専門性──諸外国と日本のコミュニティ通訳者教育の比較から
  第 2章 法律相談における通訳の必要性と課題
  第 3章 法律相談における相談通訳の実践例──弁護士会外国人法律相談センター(東京)
  第 4章 こころの医療における相談通訳の必要性と課題
 第Ⅱ部 相談通訳認定制度に向けて
  第 5章 相談通訳認定試験の試行と検証
 まとめに代えて──相談通訳認定制度の展望
 第Ⅲ部 資料
  資料 1 研究会名簿
  資料 2 研究会日程
  資料 3 法律相談における相談通訳と他分野通訳の違い──通訳実践者からの報告記録
  資料 4 「相談通訳」認定試行試験 実施概要(報告)

利用者からみたADRの現状と課題
 Ⅰ 「裁判外紛争解決手続の実証的研究」について
 Ⅱ ADR手続の認知と利用への経緯
 Ⅲ 真実と対話に対する当事者の期待  ──和解の成否と手続の評価に対する影響
 Ⅳ 当事者の弁護士利用と期日運営の概要──迅速な解決、情報源としての弁護士の重要性、そして別席調停
 Ⅴ 単位弁護士会系センターにおける手続利用者
 Ⅵ ADR手続における満足の規定因の検討
 Ⅶ 手続に対する公正感の要因と効果
 Ⅷ 紛争処理手続利用経験者インターネット調査について  ──利用者調査との比較を中心に
 Ⅸ 一般市民向けインターネット調査の概要と主要な結果
 Ⅹ 認知症高齢者への介護行動と法的判断  ──要介護者の遺族の評価と態度への影響
 資料: ADR利用者調査調査票

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら