定型約款の実務Q&A

定型約款の実務Q&A

村松 秀樹(法務省民事局民事第二課長(元法務省民事局参事官))=松尾 博憲(弁護士(元法務省民事局付)) 著

A5判並製/224頁

ISBN:978-4-7857-2677-5

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

発売日:2018/11

詳細
立案担当者が、定型約款の実務上の論点についてわかりやすく解説する。

民法(債権関係)改正によって新設された「定型約款」のルール。今後生起するであろう実務上の問題点を取り上げ、立案の趣旨を踏まえるといかなる解釈が導かれるのか、立案担当者がQ&A形式で示す。旧法下の裁判例がなく、学説上の議論も定まらない現在において、今後の実務のよりどころとなる一冊。

〈主要目次〉

第1編 概要解説
 第1 民法(債権関係)改正の経緯等
 第2 定型約款に関する規定の概要
  1 定型約款に関する規定の必要性
  2 定型約款等の定義
  3 定型約款による契約の成立
  4 不当な条項の取扱い
  5 定型約款の内容の表示
  6 定型約款の変更
  7 経過措置

第2編 Q&A
  [定型約款の定義](Q1~Q21)
  [定型約款の合意](Q22~Q43)
  [定型約款の内容の表示](Q44~Q54)
  [定型約款の変更](Q55~Q65)
  [経過措置](Q66~Q71)

第3編 議論の経緯解説
 第3 定型約款に関する規定に関する議論の経緯

第4編 参考資料

 事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら