東北大学法政実務叢書2 信託の理論と現代的展開

東北大学法政実務叢書2 信託の理論と現代的展開

水野紀子 編著

A5判上/386頁

ISBN:978-4-7857-2213-5

定価:6,600円 (本体6,000円+税)

発売日:2014/10

詳細
信託法の改正法案が国会で審議されていた2006年に発足した東北信託法研究会は、信託の将来や可能性を論じると同時に、信託について基礎的な思索を深めることを目的としていた。本書は、同研究会の活動を基礎として、研究会メンバーを中心に「信託の可能性」と「信託の意義と比較法」の二部構成でまとめられた論文集である。

〈主要目次〉
第1部 信託の可能性
 第1章 大震災からの復興と信託 〔森田 果〕
 第2章 クラウドファンディングと信託(覚書)〔 河上正二〕
 第3章 人格権の譲渡性と信託――ヒト試料・著作者人格権の譲渡性を契機に〔米村滋人〕
 第4章 いわゆるVIP株と後継ぎ遺贈信託について〔松井智予〕
 第5章 信託法3条における「その他の財産処分」の意義〔中田英幸〕

第2部 信託の意義と比較法
 第1章 財産権・契約・信託〔森田 果〕
 第2章 日本相続法の特徴について〔 水野紀子〕
 第3章 イギリス法における信託違反に対する第三者の幇助責任――不正の認定基準を中心に〔櫻井博子〕
 第4章 コモン・ロー体系におけるトラストがフランスのフィデュシに及ぼす影響〔ヴァレリオ・フォルティ
    (中原太郎訳)〕
 第5章 フランス民法典における「信託」について〔中原太郎〕