【有料WEBセミナー】新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた取引先支援と債権回収

このセミナーは終了いたしました。
番号
11200525W
タイトル 【有料WEBセミナー】新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた取引先支援と債権回収
 ~法務・税務上のポイント~
開催日程 ご視聴可能期間 2020年5月25日(月)10時~2020年6月24日(水)17時
申し込み期限  2020年6月15日(月)17時まで
講義時間    約1時間半
開催場所 ※こちらは【WEBセミナー】専用窓口です。現地開催はございません。
 ご登録完了後に弊社より別途お送りするメールに記載の視聴URLにアクセスして下さい。
開催趣旨 ▶新型コロナウイルス感染症拡大による企業の業績の落ち込みが懸念される中、ビジネスモデルやサプライチェーンを守るために、取引先への支援を検討されている企業も少なくないと思われます。取引先の支援には様々な方法があり、善管注意義務への配慮などの法律上の問題点や、寄附金課税など税務上の問題点が生じます。
▶取引先へ支援をした後は取引先の経営状況を把握することになりますが、万一、取引先の経営が破綻した場合には、債権回収を図ることになります。私的整理と法的整理により債権回収の方法が異なり、また、回収できなかった部分についての貸倒処理という税務上の問題も生じます。
▶本WEBセミナーでは、取引先支援等に欠かせない税務の要点も含めて、法務担当者の方々のために、新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた取引先支援及び万一の場合の債権回収に関する法務の留意点や手続きなどについて、ポイントを突いて解説していただきます。
主要講義項目 Ⅰ 取引先支援の法務と税務
 ・取引先の支援と善管注意義務
 ・取引先の支援方法と法律上・税務上の問題点
  (貸付け、債権放棄、賃料減額、サービス・役務(テレワークインフラ等)の供
   与、取引価格・条件の変更等についての法律上の問題点(決裁等の社内手続き、
   担保の設定)、税務上の問題点(寄附金課税))

Ⅱ 取引先からの債権回収
 ・新型コロナウイルス感染症の影響による信用不安の発生形態の特徴
 ・私的整理と法的整理(会社更生、民事再生、破産)
 ・債権回収の法律上の問題点と税務上の問題点(貸倒損失)
申し込み要領 ■受講のお申込みを確認次第,折り返し請求書・振込用紙をご送付します。受講料は, ご視聴可能期間終了から1ヶ月以内の間にお振り込み下さい。
■特にお申出のない限り,郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお,「振込手数料」は,ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしません。
■セミナー資料のみの販売はいたしません。
■ご記入いただきました個人情報は,弊社の「個人情報保護方針」(https://www.shojihomu.co.jp/p005)に従って適切に取り扱います。
■問合先 電話:03(5614)5650/E-mail:law-school@shojihomu.co.jp
WEBセミナーの推奨環境・受講方法 ※推奨環境は、光回線または安定したWi-Fiのもとでのご視聴です。
※YouTube Live を用いて配信します。
※視聴URL、セミナー資料のダウンロードURLは、ご登録完了後に弊社より別途お送りするメールに記しています。申込時にメールアドレスを正しく入力して下さい。
※現在、弊社WEBセミナーは、回を重ねながら改良を行っているさなかにあります。できるだけ皆様に快適にご利用いただきたいと考えておりますが、皆様の通信環境により見え方・聞こえ方が異なる場合があるようです。恐れ入りますが、可能な範囲でPC、スマホ、タブレットなど、いくつかのデバイスでお試しいただけましたら幸いです。また、皆様の会社における外部コンテンツの視聴に関するポリシーの事前確認をお願いします。
WEB配信ご利用の注意事項 必ずお申込みの前にWEB配信ご利用の注意事項及びサンプル動画での動作をご確認ください。
受講料 1名につき22,000円(受講料20,000円+消費税等(税率10%)2,000円)
主催 株式会社 商事法務
講師
岩品信明 弁護士(TMI総合法律事務所)
定員 100 名
添付ファイル 【WEB配信ご利用の注意事項】
添付ファイル 【サンプル動画】
このセミナーは終了いたしました。