《全3回連続講座》基礎から学ぶ 契約書の作り方・読み方

このセミナーは終了いたしました。
番号
11180705
タイトル 《全3回連続講座》基礎から学ぶ 契約書の作り方・読み方
〜担当者に必須の実用知識を重点集中解説〜
開催日程 〔第1回〕 2018年7月5日(木)午後1時~5時
〔第2回〕 2018年7月12日(木)午後1時~5時
〔第3回〕 2018年7月19日(木)午後1時~5時(計12時間)
開催場所 株式会社 商事法務 3階 会議室(東京都中央区日本橋茅場町3-9-10)
開催趣旨 ▶契約書の管理業務(プランニング,起草,審査,交渉,締結,改訂等)に携わる実務担当者が身に付けておかなければならない法律上・実務上の基礎知識は,きわめて多岐にわたります。
▶しかし,それらを短時間のうちに効率よく学ぶことのできる機会は,意外と少ないのが実情のようです。
▶そこで,多忙な実務担当者の皆様が,契約書の管理業務の遂行に必須の基礎知識を,集中的に,また,過不足なく習得していただけるよう,掲記のとおり,全3回・計12時間の研修講座を開設することといたしました。
▶講義は,実用知識の習得を眼目とし,実際の業務に直結するポイントを重点的に解説するとともに,実務の裏付けとなる法理についても平易に説明を加え,また,改正民法の内容も適宜盛り込みながら,担当者に求められるリーガルマインド(法的なものの考え方)の向上を目指します。
▶契約書の作り方・読み方を総合的・横断的に学んでいただくために,この機会にぜひご聴講されることをお勧めいたします。
主要講義項目  (下記項目を3回に分けて解説いたします)
Ⅰ 総論-契約書の基礎知識および留意事項
 1.「契約」「契約書」とは何か
 2.なぜ「契約書」を作らなければならないのか
   ―なぜ口頭の合意では不十分なのか
 3.なぜ「契約書」を作成したにもかかわらず後で紛争となるのか
 4.「契約書」の文言はどのように解釈されるべきか
 5.契約書の記載はすべて有効か
 6.法律要件と法律効果について
 7.契約締結交渉について
 8.契約作成にあたっての形式的知識について
 9.署名と印鑑について
 10.強制力をもった契約にするためにはどうすればよいか
Ⅱ 各種契約書の作り方・読み方
 ◎はじめに
 1.売買契約(総論)
  ⑴ 売主と買主の利害が相反するところはどこか
  ⑵ 代金確保のための対策
  ⑶ 目的物の引渡しを確実に受けるための対策
  ⑷ 瑕疵担保をめぐる売主と買主との対立
  ⑸ その他ポイント
 2.土地売買契約
 3.取引基本契約(総論)
  ⑴ 継続的取引とは
  ⑵ 基本契約と個別契約の関係について
  ⑶ 買主と売主との利害が対立する点
  ⑷ 売主として出荷の制限や停止がある程度自由にできるようにしたい
  ⑸ 事情の変更に応じて契約条件の変更をしたい
 4.取引基本契約書の個別的検討
 5.賃貸借契約(総論)
  ⑴ 賃貸借契約とは
  ⑵ 借地借家法の適用
  ⑶ 借地借家法が適用される借地契約の特徴
  ⑷ 借地借家法が適用される借家契約の特徴
  ⑸ 借地借家法の強行法規性について
 6.事業用借地権設定契約
 7.秘密保持契約
 8.金銭消費貸借契約及び保証契約
 9.物的担保契約(総論)
 10.債権譲渡契約
 11.集合債権譲渡担保設定契約
 12.代物弁済契約
 13.業務委託契約(総論)
 14.業務委任契約(委任型)
 15.工事請負契約
 16.システム開発委任契約
 17.事業譲渡契約
 18.和解契約
 19.ライセンス契約
 20.ノウハウライセンス契約
申し込み要領 ■受講のお申込みを確認次第,折り返し請求書・受講票,振込用紙をご送付します。受講料は, 請求書到着日からセミナー開催後1ヶ月以内の間にお振り込み下さい。講義当日は,会場に受講票をご持参下さい。
■特にお申出のない限り,郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお,「振込手数料」は,ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしませんので,ご都合の悪い場合は,代理の方のご出席をお願い申し上げます(この場合は,必ず事前に下記「問合先」までご連絡下さい)。
■講義資料・レジュメのみの販売はいたしません。
■ご記入いただきました個人情報は,弊社の「個人情報保護方針」(https://www.shojihomu.co.jp/p005)に従って適切に取り扱います。
■反社会的勢力と判明した場合には,セミナーへの出席をお断りいたします。
■講義内容・趣旨等を考慮のうえ,セミナーへの出席をご遠慮願う場合がございます。
■大地震発生等の諸事情により,セミナーを中止・延期する場合がございます。
■問合先 電話:03(5614)5650/E-mail:law-school@shojihomu.co.jp
特典 ■本HP上からのお申込の際,一括で1社2名以上お申込の場合,2人目から2,160円引きといたします。
■経営法友会会員の方は先着10名様までに限り,45,360円(1名分,税込。上記割引との併用はありません)に割引いたします。
→「経営法友会」会員の方は,申込画面の「コメント」欄に「経営法友会会員」とご記入下さい。
受講時の注意事項 ■全3回通しでの受講のみとなります。
※会場での録音・撮影,パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
受講料 64,800円(1名分,税込)
主催 株式会社 商事法務
注意事項 ※受講に際しては,最新の六法を必ずご持参下さい。
講師
大庭浩一郎 弁護士(丸の内総合法律事務所)
定員 50 名
添付ファイル パンフレットPDF
このセミナーは終了いたしました。

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら

長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
岩田合同法律事務所