資料版商事法務

資料版/商事法務 446(2021.05)号

資料版/商事法務は直接購読制・前払制を採っています
 年間47,300円(税込) /半年購読制なし
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。

 

資料版/商事法務データベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 
(データベースのみでは、お申込いただくことはできません)
 年間 本体23,760円(税込)
 ※雑誌を創刊号から収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)
 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

主要項目

視点

  • 放送会社の外国人等が有する議決権割合に生じた波紋

 

  • 改正公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の構築と運用
      ――消費者庁が2021年4月に公表した指針案も踏まえて―― 

       山田 徹
       西本良輔
       奥田敦貴
  • 上場会社と株主との対立局面における非公開情報の授受に関する実務的留意点
       生方紀裕
  • 改訂コーポレートガバナンス・コードを踏まえた事業ポートフォリオマネジメント
       安井桂大

 

2021年6月総会対策 

  • 想定問答最終チェック
       山田和彦
       小原隆太郎

 

不正・不祥事事案の再発防止策の類型化と分析

  • 第11回 財務会計
       澤口 実
       金丸由美
       田野口 瑛

 

最近の裁判動向

  • サン電子新株発行差止等仮処分命令申立事件(名古屋地一宮支決令2・12・24)
  • 日邦産業事件、日本アジアグループ事件にみる最近の買収防衛策発動差止仮処分命令申立事件の動向

 

 2021年4月総会33社

  • 株主総会概況 
  • 招集通知の外観・記載内容
  • 目的事項の表示・付議議案 
  • 付議議案の記載内容
  • 事業報告
  • 計算書類
  • 監査報告書
  • 株主の質問
  • 臨時総会動向(4月開催5社)

 

つぶやき

  • ハイブリッド参加型バーチャル株主総会を開催してみて思うこと~3月総会を終えて~

◇訂  正◇

 本誌446号(2021年5月号)「最近の裁判動向 日邦産業事件,日本アジアグループ事件にみる最近の買収防衛策発動差止仮処分命令申立事件の動向」に訂正がございます。
 正しくは下記のとおりでございます。深くお詫び申し上げますとともに,お知らせいたします。

 

 ≪訂正箇所・内容≫
  本誌446号〔2021年5月号〕143頁「日邦産業事件抗告審」における裁判官名

   【誤】裁判長裁判官 始関正光  裁判官 榊原信次
   【正】裁判長裁判官 始関正光  裁判官 榊原信次  裁判官 西野光子

 

 

>>バックナンバーへ

 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら